サバゲ向き?なツールナイフ色々

少し遅くなりましたが
あけましておめでとうございます
今年もチーム孤独をよろしくお願い致します☆

Yです

さて
2018年一回目の私の記事は
ナイフについてです

今年からナイフ関係の記事もちょくちょく書いて行こうと思ってます

実は私はトイガンよりナイフの方が愛好家歴は長かったりしますw

そんな初回の内容は
こちら
IMG_3556.jpg
ツールナイフの比較を簡単にしようと思います

レザーマンがスーパーツールという製品を発売して以来
かなり多くのナイフメーカー、ツールメーカーから
ペンチといくつかの工具、ナイフが一つになった
所謂ツールナイフと言われるジャンルの製品が発売されていますが
そんな中からサバゲシーンでもいい感じに使えそうなモノを私が所有している範囲で比較しながら紹介していきます

上の画像は左から
ガーバーのマルチプライヤー(GERBER MultiーPlier)
レザーマンのチャージ(LEATHERMAN CHARGE)
同じくレザーマンのスケルツール シーエックス(SKELETOOL CX)
これまたレザーマンのウェーブ(WAVE)
です
(レザーマンでサバゲ用ならサージやMUTとかOHTの方が恰好良いような気がしますが私は持ってないので・・・機能的には長年使っているチャージ、ウェイブで十分ですし)

ウェーブとチャージはツールの構成などは同じなのでこの後は主にチャージで比較していきます

というわけで
まずはツールナイフをツールナイフたらしめているパーツ
プライヤー(ペンチ)から
IMG_3557.jpg
ほぼ全開にしている状態の画像です

一番開いているのはチャージ
開いていないのはスケルツールでしょうか
気になるような差ではありませんが

IMG_3558.jpg
閉じた状態

チャージのみエッジが丸められているので細く見えますが
太さはどれも大きくかわりません
スケルツールが少しだけ太い位です

IMG_3560.jpg
先端の画像です

角が丸い分チャージは細かい作業はやりやすいと思いますが
プライヤーそのものの使い易さは個人的にはマルチプラヤーに軍配が上がります

しかし
製品そのものの精度がレザーマンとガーバーではレザーマンの方が圧倒的に上なので
レザーマンの方がペンチを使っていて安心感があります


ここまで書いてきて
全部かくと結構長くなりそうなので
複数回に分けたいと思います
今回はここまで!

ほな

「スポンサード リンク」






戦え!さばげぶっ!チーム孤独

ランキングに参加しました
にほんブログ村 アウトドアブログ サバイバル術・グッズへ
にほんブログ村

サバイバルゲーム ブログランキングへ

この記事へのコメント