銃器紹介 東京マルイ 次世代M4 SOPMOD MI G3 SSM M-LOK & GEISSELE SMR MK8 カスタム

コロナの影響でサバゲ参加も自粛ムードな感じになってきている気がします

セイフティエリアの環境次第ですが
そこまで気にするようなリスクはないような

Yです

我々も4月18日に参戦予定ですが参加者が集まり無事開催されるのか心配です


そんな状況で
ゲームが開催されずモヤモヤしている人も多いかと思いますが

そんな時は銃や装備を弄り倒す良い機会かと

今回はそんな感じにカスタム内容を変更した銃器紹介です(別にコロナの影響でサバゲに参加出来てないからというわけではないですが)

かつての姿はこちら東京マルイ 次世代M4 SOPMOD URX4 & NSR 追加カスタム

以前から連続で紹介しているように
私は最近自前の銃を少しずつカスタムし直していっていますがこれもその一環ですw

IMG_4887.JPG
現在の姿はこちら
変更ポイントはハンドガードとストックです

ハンドガードは以前はナイツのURX4を装着していましたが
今回はMidwest IndustriesのGEN3 SSM Series M-LOK Handguardタイプにしてみました
私も最近ハンドガードとかはレプリカばかり付けるようになってますね・・・

なんかもう光学機器以外はあんまり実物熱がないというかそこまでお金かけようと思わないというか・・・
いうてもサイト類は実物とレプリカでは性能に大きな差があるので実物にする価値はそれなりにある気がしますが、ハンドガードとかストックは何でも良いような気がw
光学機器ももう性能が良ければ何でも良いような気がするし・・・

それはさておき
このMLOKハンドガードにした事でかなり軽量化出来、URX4と比べてもだいぶ細くなりました
長さは12インチか12.5インチ

構えた感じもかなり軽く感じます
IMG_4888.JPG
刻印も一応入ってます
まぁ気になるところもありますが雰囲気は悪くないかと

ダットサイトつけてるんでほとんど見えなくなってますがw

IMG_4890.JPG
以前は右サイドにライト付けてましたが今回は左サイドにつけてみました
ライトもm300タイプからm600bタイプに変更しています

フォアグリップはBCMタイプ

フラッシュハイダーはまだ落ち着いていない感じで気分で色々変えてますw

IMG_4891.JPG
ハンドガードの上部も先端と付け根部分以外はMーLOKスロットになっており細さに貢献しています
ハンドガードにライトやPEQかDBALにそのスイッチ等と色々搭載したい人なら上部は全てレイルのモノの方が良いような気がちょっとします

そのあたりは好みやセッティングでハンドガードを選ぶ楽しみでもあると思います

IMG_4893.JPG
そしてもう一つの変更ポイント
ストックですが

特に変更する必要やそのつもりもなかったんですが
なんとなく変えてみました

バランスはノーマルのLMTタイプの方が良かったような気もしますw

PTS製のEPS(ENHANCED POLYMER STOCK)ストックにしてみました

IMG_4894.JPG
このエンハンスドポリマーストックは内部に大きなスペースがありバッテリーを収納できるという優れもの

マグプルストックなどと同じデュポンポリマー製という事もあり質感もいい感じです

内部スペースはマルイ次世代M4純正のストックよりもはるかに広くバッテリーの格納にはかなり余裕がある感じ
スティックタイプのリポなら種類はほぼ問わないと思います

さらに少し削ればもっと内部スペース確保できそうな気がします

IMG_4889.JPG
もう実戦投入していますが
軽量で扱いやすくいい感じでした

そしてこの銃
以前の姿を見てもわかる通り
アッパーを2タイプ用意しています

もちろんもう一つのアッパーも変更していますが
それはまた次回
今回のタイトルでネタバレはしてますww
IMG_4886.JPG

ほな!
「スポンサード リンク」






戦え!さばげぶっ!チーム孤独

ランキングに参加しました
にほんブログ村 アウトドアブログ サバイバル術・グッズへ
にほんブログ村

サバイバルゲーム ブログランキングへ

この記事へのコメント